ソフトテニスのラケットと練習法

ソフトテニスのラケットの握り方

ソフトテニスのラケットの握り方についてお話しします。

 

ラケットの握り方、すなわちグリップについてはゲンコツ握りや人差し指握りは御法度です。
ソフトテニスでは、ゲンコツ握りは打球の強さの調節やコントロールが定まりません。

 

また、人差し指での握りは、つき指などの思わぬケガの原因にもなります。

 

ソフトテニスでは、一般的にウエスタングリップという握り方が最も適した握り方とされています。

 

実はこのウエスタングリップの握り方なのですが、これが意外に難しいのです。

 

まずは、ラケットを持ちますが、ラケットの面が地面に垂直になるように持ちます。
この時、握った親指の第一関節の部分が、ラケットの垂直面に合うように握ります。
残りの指を握る際に注意して下さい。
残りの指は、軽く握るようにして下さい。
グリップと掌の間は少しあけるようにします。

 

また、小指はグリップエンドにかかるように、長めに持ちましょう。

 

そして、ラケットを自然に構えたとき、ラケット面が、地面に対して20度くらいの角度をつけます。

 

始めは慣れないかもしれませんが、正しいグリップをマスターする事から始めましょう。

Sponsored Link