ソフトテニスのラケットと練習法

ソフトテニスでラケットとボールに慣れる

どのスポーツでも同じですし特に球技における王道と言われていますが、ソフトテニスでもまずラケットとボールになれる事が大切です。

 

ラケットとボールに慣れるためのソフトテニスの練習方法の中で、
「ラケットの上でボールをつく」
という方法があります。

 

ラケット面は地面と水平になるように構え,腰の高さくらいで打つようにします。

 

ボールを上げる高さは最初は低く、慣れてきたら徐々に高くしていきます。

 

ボールをつく回数や時間内での回数を他の人と競争してみると楽しく練習が出来ます。

 

反対に、ソフトテニスのラケットでボールを地面につきながらドリブルする方法もあります。

 

ラケット面は地面と水平になるように構え、腰の高さくらいで打つようにします。

 

このような方法で、ラケットとボールに早く慣れて次の練習法へとステップアップしていく方がソフトテニス上達への近道だと言われています。

 

案外と空いた時間でも出来て、場所もそれほど取りません。

 

出来る限り、ラケットとボールに触れる機会を多くしましょう。

Sponsored Link